ないものねだり

本当にここで震災があったのかと思うような街並み、そこで名古屋の学生と変わらない日常を送っている彼女。彼女が感じる、どこか満たされない気持ちは、多くの人が共感できる気持ちだと思います。この作品を通して、皆さんが感じる満たされない気持ちについて考えていただきたいです。(片岡美妃)

遠藤 恵李
東日本国際大学学生 (2011)