中央区メディアコンテ2013年は前年に引き続き、中央区の築地社会教育会館で行われている生涯教育サポーター養成コースの一環として、講座「区民レポーターになろう!」の受講生によって行われました。受講生は中央区に暮らす40代〜70代の男女20名。2012年の夏と冬、2013年夏に続いて4期目となるこの授業では、受講者はこれまでの授業の集大成として「中央区を生きる」というテーマの下、作品作りに挑みました。2013年夏学期に比べると今学期では受講生に徐々に慣れと熟練が見え、人とコラボレーションをしながら一緒に物語を練り上げていく様子を見ることができました。自分の経験や意見を発信するのではなく、他者との対話を通して物語を紡ぎだしていく経験を通して、受講生達は確かに「レポーター」になることができました。
The Media Conte Chuo-ku 2013, the “Let’s become media reporter!” class, was held at Chuo-ku Tsukiji Social Education Center, again. Just like last year, it was part of a lifelong education supporters’ training course. The 20 students were Chuo-ku residents of ages ranging from his/her 40s to 70s. This last semester (winter semester) was the fourth semester of this course. Students tackled the challenge of creating their best and the last work under the theme “Living in Chuo-ku.”
Compared to this year’s summer semester, most of the students were skilled and comfortable enough to created their stories by collaborating with other people. By having experience of creating a story through conversations with other people, they are not creators who experience their own experience or idea, but a true “reporters” now.