メディア・コンテはじめての実践となった岐阜県可児市は、多くの日系外国人が暮らしている地域です。
実践が始まるきっかけになったのは、愛知淑徳大学CCC(コミュニティ・コラボレーション・センター)の別の仕事で、たまたま外国人の子どもたちの教育が専門の小島祥美先生とたまたま可児のケーブルテレビの尾石さんを訪れたところから始まりました。

メディアコンテ可児は、普段学校で自分を押し殺してしまっている外国人の子どもたちに、自由に思いを語ってもらおう。そして、その姿を可児に暮らすひとたちに見てもらおうというのが基本的なコンセプトでした。

集まってくれた子どもたちもみんな精一杯作品制作に取り組んでくれました。子どもたちは作品を作りながら、自分たちの家族や生活にあらためて思いを寄せ、また自分たちの将来についても真剣に考えたようです。

子どもたちに映像制作の方法を教えてくれたのは愛知淑徳大学の学生たち。国際交流協会の方のお話を聞いたり、ときには外国人のおうちにホームステイさせてもらったりして、子どもたちの気持ちをなんとか映像にしようと、必死に子どもたちの声に耳を傾け、物語作りを一緒に考えてくれました。はじめての実践で、技術的な問題や時間的な制約とも戦いながら、子どもたちと一緒に最後まで粘り強く作り上げたストーリーです。

最後の上映会ではみんな涙!そして大きな拍手がわき上がりました。その後学生たちは、外国人労働者のニュースに注意を向けるようになり、子どもたちのその後についてもメールで情報交換をしたようです。学園祭のときには可児の子どもたちを呼んで、一室で上映会も行いました。

協力: 愛知淑徳大学CCC 小島祥美先生, 国際交流協会

Since 1990, Corporations such as car and macine industries in Tokai district has been employing a huge number of Japanese descendants from South America and the Philippines. We often see them on the street, but their voices are not be heard. How we get to know each other?

In Media Conte 2008, ?thanks to CCC of Aichi Shukutoku Univ., International Association of Kani, and mediaexprimo, we had a wonderful workshop with teenagers of foreign citizenship in Kani, Gifu Pref and the ?university students of Aichi Shukutoku University . Univ. students ?helped kids make photo based digital stories of their daily lives, themed like ?” on the way to school” ?” treasure of our family” “That’s troublesome!” etc. On the way to discuss about and make their digital stories, kids had to rethink of their identities and future visions.

University students helped kids to construct their stories and edit photos and voices .Thanks to their sincere and diligent works, ?we came to see wonderful stories about kids’ ?troublesome worries, ?the love to their families are almost the same as ours. Seeing these clips, we found we are not that different as we anticipated!

University students ?seemed to be ?moved when the kids sometimes saying ” I want my younger sister get higher education” ” I want to be a good daughter because my parents works very hard for us” etc. ?Maybe, they might never have thought so far: why I am studying at the university ? for what?

While working together, kids and university students both learned each other. It might be a happy coincidence. And the workshop brought us mutual understanding. On this workshop, we found storytelling may not a personal work. The stories might be the fruits of collaborative talks and works among them!

The stories were broadcast by CATV in Kani on Oct.25-26 2008.