メディア・コンテ ピースあいちは2016年1月30日に、名古屋市にある民間の戦争ミュージアム「ピースあいち」で開催しました。
戦争体験者6名のストーリーを聞き取り、それをデジタル・ストーリー化するという試みです。
戦後70年、空襲について語れる方が少なくなるなかで、通信兵が70年間心の中で疑問に思っていたこと、家族と離れて食事も十分になかった疎開の体験、学徒動員の体験など、多様なストーリーが、大学院生や留学生の目を通してメディア化されていきました。
We conducted a workshop ‘Media Conte Peace Aichi’ with war victims/survivors of WWⅡ in a non government museum in Nagoya. There were six Digital Stories: people who experienced events such as the Nagoya/Tokyo air raid, student mobilization, the mass evacuation of pupils, and the untold story of former communication soldiers. Each story was weaved through the perspectives of a graduate/ international student, and the storyteller who worked with pairs.