メディアコンテ尚絅学院は、宮城県名取市にある尚絅学院大学の学生有志9名を対象に実施しました。名取は東日本大震災とそれに伴う津波で大きな被害を受けた街ですが、あれから約1年が経ったいま、改めて「あの日」がどのように思い出され、また現在はどのような思いで日常生活を送っているのか、若者同士で語り合い、作品化しました。
This workshop was held in March 2012. The participants of this workshop were students of Shokei Gakuin University. This University is located in a Natori area affected by East Japan Earthquake and Tsunami. The students framed the day of disaster and current life in their story.