Using DST for community TV
Summer 2013, Chuo ward, Tokyo

中央区

2013

中央区メディアコンテ2013年は前年に引き続き、中央区の築地社会教育会館で行われている生涯教育サポーター養成コースの一環として、講座「区民レポーターになろう!」の受講生によって行われました。受講生は中央区に暮らす40代〜70代の男女20名。この前期の授業では、補助として教室内を回っていた10名程度のファシリテーターと共に、受講生それぞれが中央区に暮らす人を一人講座にお招きし、その人の作品を作る事に挑戦しました。隔週で行われた5日間の授業で、生徒たちは他人の作品を作るという初めての作業に戸惑いながらも、人の語る思い出を素晴らしい物語へと昇華させていきました。他人の物語の編集者役をする事で、ついにレポーターとしての第一歩を踏み出した20名の区民レポーターたち。その作品は、私たちの知らない中央区に住む人々の姿を見せてくれます。

The Media Conte Chuo-ku 2013, the “Let’s become media reporter!” class, was held at Chuo-ku Tsukiji Social Education Center, again. Just like last year, it was part of a lifelong education supporters’ training course. The 20 students were Chuo-ku residents of ages ranging from his/her 40s to 70s. In this first half semester (summer semester) each student invited a Chuo-ku resident as a guest. Then, with the help of 10 facilitators, they worked as editors to create the guests’ story.
The course was held for 5 days biweekly. Most students were bewildered by the new challenge of becoming an editor. However, in the end, the students fantastically edited guest’s memories into beautiful stories. The 20 students started their path as a local media reporter by editing other people’s stories. These stories certainly show us a hidden side of Chuo-ku that otherwise might have never been known.

2013

望月 芽美

つながりを大切に地域活動を続けている女性の宝物ストーリー。

2013

江幡 まゆ美

つながりを大切に地域活動を続けている女性の宝物ストーリー。

2013

北村 悦子

神社で働く渡部さんが、日々、志高く、修行をされていますが、実は落葉に悩まされているという話。

2013

田中 栄

なんとなく訳がわからなくて非常に見ていておもしろい、また見た後で楽しさがわきあがってくる。

2013

窪田 成世

離れて30年以上も経ってしまった土地(晴浦)を今のうちに歩いておきたいと思って作りました。

2013

影山 厚子

浜町の染元の高橋さんにお話しをうかがいました。江戸っ子は三代以上という考えに反して、職人は一台限りという考え方にいさぎ良さを感じました。伝統ということを考えると商人と職人さんのとらえ方の違いを感じました。

2013

樗木 真理

築地で112年間豆腐作りを営む店主が語る日本の豆腐の歴史です。

2013

墨谷 礼子

一冊の絵本が生きる勇気と元気を与えてくれ、絵本を通じてたくさんの出会いも生まれます。

2013

瀬谷 民代

赤いちょうちん、そこには人と人のつながりがある。おいしい酒とおいしい料理を笑いながらいただくって楽しいです。

2013

柴田 明子

東日本大震災をきっかけに、同じ地域町内会で即声をかけあい立ち上がった姿に感動して取材をさせていただきました。

2013

髙橋 浩一

優等生作品すぎたかもしれません。次回は飛躍しようかな。

2013

黒瀬 暁美

夫と二人でライブハウスによく足を運ぶのですが、ブラジル音楽にどうして興味をもったのか改めて聞くことにしました。インタビューという事だったので、「問う、答える」の形式を取りました。他人行儀な印象を持たれる方も居られるかもしれません。

2013

川口 牧子

日々の生活の中で私は何を考えているんだろう。私の頭の中、ご覧ください。

2013

有山 恵子

銀座十字屋の歴史、音楽、文化の発信、人とのかかわり、動物達への思いです。

2013

巻渕 彰

近代郵便制度は明治4年(1871)に日本橋郵便局ではじまりました。主導したのは前島密でした。

2013

米林 國雄

2013

原 弘美

築地生まれの82才の女性が多彩な人生を語ります。

2013

阿部 幸一郎

世界の様々な国々を訪問し、もっとも異なる文化と教典を持つサウジとイスラエルを紹介しました。