見上げることしかできない高速道路に夢を乗せて・・・。