2cmへの想い

小さな頃から身体が不自由だった祖父江さん。それでも長いこと車に乗り,積極的に町に出ておられました。視覚障がいの長谷川さんと協力しあって過ごして来られたそうです。最近,脳卒中を患われましたが,障がいを持ったかたが自由に暮らせるようにとの想いを抱いておられます。祖父江さんの作品からは,まさにバリアフリーとは何かを考えさせられます。

祖父江 信也
ハッピーマップ2012 参加者