「中央区」で故郷「を」紹介して「生きる」

お店にはよく行き、商品も見て、買って、と利用している割にはそこで動く人々を見ていない事に気づいたので作品としました。

窪田 成世