激動の時代を生きて今思うこと

髙橋 浩一