Recalling
Deepening understanding of experiences
of natural disasters

Recalling

2012

メディアコンテRecallingは、過去に福島県いわき市でメディアコンテに参加した大学生と、宮城県名取市で同じく活動を経験した大学生が集まり、それぞれにとってのメディアコンテを語りあいながらもう一度新しい作品を編み上げた、制作者同士の交流を目的とした実践です。一度物語を作ったことで変わったことや見えてきたこと、また、この間に考えてきたことなどを対話をしながら整理し、改めて作品化しました。

Media Conte Recalling was held in Decemver 2012. The participants of this workshop were college students of Fukushima and Miyagi. They had participated in past Media Conte and created their seismic stories. They discussed what changed by having created the stories in past workshops and found out new stories of their current life.

動画再生

2012

迷子

吉高 結也
東日本国際大学学生 (2012)

介護職を目指して入学した大学だけど、あっちに行ったり、こっちに行ったり…。大学生活の折り返し地点で、改めてこのもやもやした気持ちを語ってみました。 (溝尻真也)

動画再生

2012

僕の成長の仕方

吉田 諒
東日本国際大学学生 (2012)

失敗することを恐れてばかりいた大学入学直後から、さまざまな経験を通して視野を広げてきた自分の、成長のプロセスを振り返りました。 (溝尻真也)

動画再生

2012

雨女?

中鉢 千尋
尚絅学院大学 (2012)

震災から私には、当たり前の生活が戻ってきました。震災の記憶は、忘れもしない大きな事件です。ですが、最近の私は震災を思い出すことも少なくなってきました。忘れてはいけないことも承知です。だけど自分の悩みで精一杯、ここで何を表現したらいいか分からない。そんなもやもやした雨女な自分です。

動画再生

2012

変わること

瀧口 恵
尚絅学院大学 (2012)

今回わたしは、大学に入学したということで、それを境に自分のどこが変わったのか、どこが変わっていないのか、自分を見つめ直す意味も込めて作品を作らせていただきました。

動画再生

2012

どうしようかな

高木 春樹
尚絅学院大学 (2012)

私を含め、多くの人が東日本大震災を経験しました。それから一年半もの月日が流れましたがいまだに復興や被災といった言葉を耳にします。私は被災者です。ですが、高木春樹という個人でもあります。「被災者」というのは、私の一側面でしかありません。でも、私は被災者であらねばなりません。

動画再生

2012

これから

澤野 文紀
東日本国際大学学生 (2012)

困っている人を助けるために、いま必要なこととは何か?勉強することの意味に気づき始めた大学生の物語 (溝尻真也)

動画再生

2012

頑張れ!!自分

佐藤 学
東日本国際大学学生 (2012)

遊びたい、でも資格を取るために勉強もしなきゃいけない、そんな悩める大学生の日常の物語 (溝尻真也)

動画再生

2012

私のなかにいる

三戸 夕貴
東日本国際大学学生 (2012)

福祉を学ぶ大学生が、自分のおじいちゃん・おばあちゃんとのかかわりの中で改めて考えた「福祉を学ぶ意味」 (溝尻真也)

動画再生

2012

晴男?

及川 遼
東日本国際大学学生 (2012)

いつも楽しい晴男が抱える悩みとは? (溝尻真也)

動画再生

2012

仲田 雄亮
東日本国際大学学生 (2012)

福祉を学ぶために大学に入学した学生が、さまざまな出会いを通して、その「道」を少しずつ開いていく物語 (溝尻真也)

動画再生

2012

あれから一年 そして 今。

木皿 由希
尚絅学院大学 (2012)

韓国だけではなく、騒がれている国際問題。メディアによる情報だけにとらわれないで欲しい。私には外国人の友達がたくさんいます。好きだから、国の問題になんて流されたくない!それが私です。

動画再生

2012

でも、

川村 はるか
尚絅学院大学 (2012)

2012年、私の大学生活がスタートしました。大学生になって大きく変わった生活。たくさんの変化は、楽しみはもちろん悩みにもなっています。この作品は、大学生になった今の素直な気持ちを込めて作ったものです。

動画再生

2012

満欠月(みかづき)

遠藤 恵李
東日本国際大学学生 (2012)

おせっかいかもしれないけれど、自分の小さな行動が笑顔を生むこともある。そんな満たされた毎日なのに、どうしても満たされない感じがする。ないものねだりな彼女のその後 (溝尻真也)