ふわふわ浮かぶ四月の話

18歳の春、一人暮らしを始めた夜の話。

早春賦

だんだんと近づいてくる春の気配がいたるところで顔を出しています。加子母にもうすぐ春がくる!