いわきおつかれさま

福島県内の学生である彼が伝えたいメッセージ。彼が震災直後から介護ボランティアとして避難所へ行き感じたこととは。県内と県外からの声に感じたギャップとは。彼の心の叫びを作品の中に込めました。(森優輝)

Storyteller Mr. Fujii doesn’t want to say ” Gambare!” to Tsunami victims. as he helped them as volunteer, and he just wanted to tell them “Otuskaresama” – You had a hard time- and just want to be with them. In the story, you will see the heap of rubble in school. .(Yuuki Mori, a facilitator.,Aichi Shukutoku Univ.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください