また、あの丘の上で

宮城県出身の大学2年生の阿部君。彼は大学入学と同時にいわきで一人暮らしをしています。友達と楽しく過ごしているなか、東日本大震災は彼を襲いました。いま家族が生きていること、友達が隣にいること、自分がここにいること、これは当たり前のことですか?わたしたちの周りにある絆を、溢れる愛を、もう一度見直してください。そして大切にしてください。(田中麻季代)

Storyteller Mr. Abe is now enjoying single life in Iwaki as an university student. But after 3.11, he often thinks of his family. His story makes us rethink of our love, family and friends. .(Makiyo Tanaka, a facilitator. Aichi Shukutoku Univ.)

阿部 司
東日本国際大学学生 (2011)