三本目の足

比較的軽度の障害ですが、若くして杖をつくことになった当時の心情の変化や、足が悪くても“歩いて出掛けるのが大好き!”という、芦田さんらしい≪生きかた≫が伝われば良いなと思います!作品最後の杖の音にもご注目ください。(石裏拓也、小林優希)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください