図書館との出会い

元先生だった豊田さん。原点となったのは、子どものころ、お兄さんに連れて行ってもらった図書館でした。