ふわふわ浮かぶ四月の話

18歳の春、一人暮らしを始めた夜の話。

また、あの丘の上で

宮城県出身の大学2年生の阿部君。彼は大学入学と同時にいわきで一人暮らしをしています。友達と楽しく過ごしているなか、東日本大震災は彼を襲いました。いま家族が生きていること、友達が隣にいること、自分がここにいること、これは当 […]