『また、ここで。』

自分がいちばんほっとする場所。そしてそこに息づく家族の歴史。