地震のバカヤロー

地震が起きても、直接怪我をしたり誰かを失ったりはしなかった。でも、大好きな場所を、大好きな人と、離れなきゃならなくなった。でも、生きるためには仕方がない。大好きなものにもう会えなくなるとしても。(坂本惇)

ないものねだり

本当にここで震災があったのかと思うような街並み、そこで名古屋の学生と変わらない日常を送っている彼女。彼女が感じる、どこか満たされない気持ちは、多くの人が共感できる気持ちだと思います。この作品を通して、皆さんが感じる満たさ […]

夢見る高速道路

見上げることしかできない高速道路に夢を乗せて・・・。